プラモ作ろう ~ エアブラシ塗装完了

前回

プラモ作ろう ~ エアブラシ本塗装
前回まあ、前回のモンザレッドも本塗装なんですが。 まずは内部メカから。同じ色はできるだけいっぺんに塗りたいんですが、塗装ベースがいっぱいなのでできるとこまで。内部メカはニュートラルグレー7、ミッドナイトブル...

このキットはマスターグレード(MG)1/100なんですが、やたらと接着線が多いです。何故だ?と思って調べたら1999年のキットなんですねこれ。20年前のキットじゃしょうがない。以前、合わせ目処理をしたくないのなら1/100を作れって書きましたが、全面的に訂正します。ごめんなさい。
接着線は、肩、ショルダーアーマー、胴体上部、ふんどし、で発生しました。後続のギャンなんかでは接着線なかったんですけどねえ。バンダイが進化し続けていると考えることにします。合わせ目処理は全ておこないました。
このうち、肩とショルダーアーマーはいったん塗装してから合わせ目処理しました。マスキングのめんどくささの方が上だと判断したからです。なぜか合わせ目処理がなかなかうまくいかず、パテ盛っては削り、サーフェーサーを吹いてまだ線が残っている、またパテ盛り、ってのを2~3回繰り返しました。なんでだろ?

まあ、なんやかんやで全ての塗装を終わらせました。パープルとブラックは塗装完了時点で残り数滴しか残ってませんでした。危ねえところでした。十分余裕をもって調色したつもりだったんですが、もうギリギリ。挙句の果てにレッドに塗り残しがありました。塗料皿に残っていた乾ききっていた塗料をうすめ液で溶かしてなんとか対応。次回からは気を付けよう。
色々と過程をすっ飛ばしましたが本体完成。 今まで書いてきたことを繰り返し基本通りにやってると書くことないんですよ。

色むら等もなく全面的に均一に塗装できてます。これがエアブラシの威力!
完全つや消しで淡い色合いとなり、イメージ通りの仕上がりになりました。満足満足。
武器はなんか見たことのないマシンガンやバズーカー等がついてましたが、ドムのイメージに合わないので見なかったことにします。ドムはやっぱりジャイアントバズですよね。実はこれを書いてる最中にジャイアントバズのパテ乾かしをしています。武器が完成したら汚し塗装です。どうなることやら。

次回

プラモ作ろう ~ フィルタリング
前回友人からのメールの一節。 「汚しは徹底的に頼む。 モデル末期で廃棄寸前、他部隊はとっくに入替わってるのに、上司に疎まれてちっとも補給受けられないみたいな。」 、、、ハードルあげてきやがりました。日焼けと泥汚れだけでお茶...

コメント