モトクロスは危険?

先日、夕方のニュースを見ていたところ、モトクロスを練習中の小学生が転倒して死亡する事故があった、とのこと。
同じバイク乗りとして、ご冥福をお祈りいたします。
結構長い尺をとって報道していたのですが、内容がもうね。モトクロスは危ないの!危険なの!普通の人がやるもんじゃないの!ってトーンで、、、。はっきりと非難していたわけではありませんが。
確かにモトクロスは間違っても安全なスポーツではありません。バイク自体、安全な乗り物とは言い難い代物ですから。ヘルメットやプロテクターをしてても怪我をするときはするし、死ぬ場合もあるでしょう。今回の事故は最も悪い要素が重なってしまったものでしょう。残念ながら運がなかったとしかいいようがありません。
しかし、できうる限りの保護装備を身に着けて行うスポーツであり、危険度はアメフトと同じくらいじゃないかと思っています。はっきり言って柔道や登山、スキーの方が危険です。どれもたしなんだことがあるので、これらの競技を非難する意図ではありません。念のため。
危険であることは間違いないが、必要以上に危険だと煽るような報道はいかがなものかと思った次第です。
あんな危険な乗り物やめた方がいいよ、いい年をして、、、。とかよく言われます。が、これほど魅力的な乗り物もそうそうありません。夏の暑さにも冬の寒さにも弱い。雨に打たれてむせび泣く。そんな乗り物ですが、バイクを降りようと思ったことは一度もないですね。乗ってるだけで楽しいんです。
バイクの素晴らしさを啓蒙する気はあんまりありません。興味のない人には理解しがたいものでしょうし。ただ、必要以上に悪いイメージを持たれるのは勘弁してほしいのです。
楽しさは人それぞれ。他人に迷惑のかかることでなければ、それぞれ自分の楽しいことをやればいいんです。それを非難するようなことはするべきではないでしょう。
色々書き連ねましたが、今回の件は本当に残念なことだったと思います。将来、どこかの道の駅でバイク談議に花を咲かせた相手だったのかもしれません。
ですが、モータースポーツの火に水をぶっかけるような報道は改めてほしいと思いました。

コメント