プラモ作ろう ~ スミ入れ(その2)

前回

プラモ作ろう ~ 筆塗り塗装
前回全ての工作過程が終わりましたので、やっと塗装にはいります。今回は筆塗り塗装を行います。基本は大事ですからね。まずは筆の紹介から。左から面相筆、丸筆、平筆、平筆大です。それぞれ、極小、小、大を塗る際に使い...

塗装も終わりました。
あとは仕上げにスミ入れを行いましょう。パチ組みで使用したガンダムマーカーはラッカー系ですので、ラッカー系で塗装したキットには使えません。エナメル系塗料を使います。
塗料をうすめ液でかなり薄めたものを使うのが一般的ですが、タミヤからスミ入れ専用の塗料が出ています。黒、グレー、ブラウンの3種類です。

まあこれだけあればたいがい事足りるので、普段からこれを使っています。筆もついているので便利ですね。あ、スミ入れは黒で行いました。

使い方ですが、凹モールドにちょん、とスミを置いてやります。そうすると、ツツーッとモールドに沿って塗料が流れていきます。

写真では2か所に置いてあります。これで十分。簡単ですね。
あとはスミを置いた場所がはみ出ているので、エナメル系うすめ液と綿棒で拭き取ってやります。ラッカー系と間違えないよう注意してください。


このザクの腕モールドは深めに彫ってあるので、すぐに拭き取っても大丈夫です。スケールモデルのモールドは浅いものが多いので、ちょっと時間をおいて生乾き、もしくは乾いてからモールドにうすめ液が入り込まないように拭き取ります。
また、ザクの動力パイプのモールドは広いので、スミが薄くなってしまいました。

あとは組み立てて完成、と言いたいところですが、説明書の完成写真をみると口の中にグレー、マシンガンのスコープにピンクが塗ってあるので、ここも塗っておきましょう。

今度こそ完成です。お疲れ様でした。俺。


完成品をみるとツヤでテカテカですね。今回わざと説明書通りに塗ったのですが、普段は塗料につや消し材(フラットベース)をいれてつや消し塗装にしています。これが昔作ったつや消し筆塗りガンキャノンです。

どっちがいいかは好みかと思います。完成した後につや消しトップコートを吹いてやるのもありです(ただし、スミ入れ前に)。

2年ぶりくらいに筆塗りしたんですが、やっぱり難しいですね。中学生だったころの方がきれいに塗れてましたね。そのころのプラモは引っ越しの際にどっかいっちゃいました、惜しいことをしました。
今回、点数をつけるとしたら50点くらいでしょうか。接着線が完全に消し切れていなかった部分があったことと塗装むらが減点ポイントですね。自称中級者といってもこんなもんです。

どうでしょう。初心者の方、参考になりましたでしょうか。自分ではかなり丁寧に解説したつもりです。
こうしたほうがよかったんじゃね?と思われた方、コメントいただければ幸いです。
以上、第1回プラモデル講座:シャア専用ザク編、終了です。

コメント