プラモ作ろう 1/144 バウンドドック その4 完成

その3

プラモ作ろう 1/144 バウンドドック その3 マジョーラ塗装
その2っつーかね、勉強って嫌いじゃないんです。新しいことがわかるの楽しいし。でもね、難しすぎると胃にくるね。参考書読んで簡単そうに書いてあることがビタイチ理解できないと人格まで否定された気になるね。得意なところはいいんです...

体調もメンタルも調子がいいのになぜか眠れません。2時間くらいで目が覚めてそれっきり。寝不足だと頭回らんので手を動かすことにします。要するに勉強もしねえでプラモ作っちゃった訳です。明日から真面目に生きよう。
さて、前回の続き。ピンクの部分(トラペジウム)と黄色の部分(マゼラン)を吹いてやりました。工程は繰り返しになるんで省略。

あんまりきれいじゃないですね。でも肉眼だとかなりきれいに発色してるんですよ。この上にトップコートを吹いて更にツヤをだします。
あとは組むだけなんで、一気に完成させちゃいました。

あれ?カメラで撮ると色味が全然違いますね。スマホで撮ったものがこれ。

こっちのほうが本物に近いですね。へんなの。
まあ思ってた以上に素敵に仕上がりましたよ。コンテストがあったら出品してもいいくらいの出来です。ただ明るいところで見ないと魅力半減なんですよね。私の部屋薄暗いから誰かに見せびらかすときは卓上スタンドの前にいちいち移動させることにします。
今回の点数は90点。楽々合格です。ただ反省点も多々あります。
・光の反射のせいでゲート処理手を抜いたところがモロバレ。ぱっと見わからないレベルでも塗装後痕がくっきりと。かなりシビアにやらなきゃならんですね。わかってたことなんですが。
・塗り忘れ2箇所。だまってりゃわからんと思うんで、黙ってます。
・塗膜が思った以上に弱いですね。組み立て時何ケ所か塗装が剥げました。うん。修復不能。
・黄色の塗装がうまくいった分、黄色シール(頭部の黄色とか)が目立ちますね。この塗料、たぶんマスキングするとテープ剥がすときに一緒に剥がれると思うんですよ。かといって筆塗りもできないので、なんか対策すべきでしたね。
・トップコートのおかげでほとんど目立たなくなったので減点ではないですが、ベースカラーが荒れてた問題。サーフェーサー厚塗りしか対策ないんでしょうかね?要調査点です。

こんなところですかね。いや楽しかった。正直マジョーラって使い道が難しい塗装方法だと思います。今回は素材がバウンドドックというど派手な機体なんでベストマッチですが、一歩間違えば下品になりそうです。例えばマジョーラ仕立てのガンタンク。うん、やだ。
まあもともとマジョーラはサザビーでやるつもりが失敗した、という経緯がありますので、サザビーではリベンジしてやろうと思います。お金貯まったら。ドラクエのキラーマシンなんかも似合いそうだなあ。ちょっと世界が広がった気がします。

追記
シールドのつけ方が間違ってましたんでつけなおして再掲します。

コメント