プラモ作ろう ~ GSX750S new KATANA その4

その3

プラモ作ろう ~ GSX750S new KATANA その3
その2今回のカウル類の白はタミヤのラッカー系塗料「レーシングホワイト」を使用したのですが、クレオスと同じかやや濃いくらいの粘度に薄めたら、全然色のりやしねえ。隠ぺい力も低めのようで、7回くらい重ね塗りしてやっと発色してくれ...

あとは組み立てて完成です。

ふう。疲れた。
パカタナって正面から見るとサンショウウオに似てますね。通常時ライトを隠してるとスタイリッシュなのかのっぺりしてるのか微妙なところです。
また、レーシングホワイトってプラスチック感割り増しですね。750㏄の重厚感が出せませんでした。
今回の最大の反省ポイントはこれ。

クレオスのゴールドって触ってるとはげるんですよ。これに気付いたときは既に遅し。フレームにエンジンやらなんやら積み終わったあとで、修正するとなるとフレームばらしからやんなきゃならない。概ねイチからやり直しです。めんどくささが先にたって過去は振り返らないことにしました(現実から目を背けるともいう)。
上記を踏まえて今回は70点とします。むう。残念。
製作途中のものを見た友人Hに、「君はなんだな。好きなことのくせに手を抜くんだな。」と私の心に突き刺さるようなことを言われました。ぐうの音もでねえ。俺の生きざまの核心を無駄に突きやがって、、、。

コメント