プラモ作ろう ~ つや消し処理

前回

プラモ作ろう ~ スミ入れ
前回ガンプラにかかわらず、プラモデルには様々なモールドが施されています。 モールドとは、板と板の接合などを細いスジによって表現されたものです。凸モールドと凹モールドがありますが、最近のキットはほとんどが凹モールドです。 こ...

ひとまず形になりましたが、あと何かが足りない。
表面がテカテカしてプラスチック感がリアルさをなくしてしまっています。
つやを消すか、逆に思いっきりテカテカにするかのいずれかでプラスチック感を消したいところです。
プラスチック感を消すほどテカテカにするにはやはり塗装するしかありません。パチ組みということですので、つや消しにしたいと思います。
つやを消すには表面を細かい番手のペーパーをかける方法と、つや消し材をかけてやる方法があります。
今回はつや消しスプレーで行きます。手っ取り早いし。

クレオスの水性つや消しトップコートです。
未塗装、塗装(エナメル除く)にかかわらず、最後に表面につや消し材をきれいに塗ることができます。逆につやをだすトップコートもありますよ。
実は私はこれを使うのは初めてです。実際に吹いてみましょう。
まずは下準備。

スプレーが飛び散らないよう段ボールで塗装ブースを作ります。スプレーは結構派手に飛び散るので気を付けましょう。後は手にスプレーがかかるのが嫌なので、手袋をします。タクシーの運転手さんが使っているような白手が一番使いやすいですね。


後はキットを固定するクリップ。

ここでは「猫の手」と呼ばれるクリップを使っています。これを買うまではワニぐちクリップなどを使っていましたが、これ超便利。塗装するなら必携です。これである程度分解したパーツをはさんで吹いてやりましょう。コツとしては
・パーツとスプレーの距離は30㎝くらい離す。
・スプレーはよく振っておく。
・段ボールに試し吹きをして、どのくらいの勢いで噴出するか体感しておく。
・スプレーがかかるか、かからないか位の意識でさっと吹く。塗残しがあっても気にしない。
・乾くまで触らない。
・2度、3度に分けて吹く。
といったところでしょうか。スプレーは液体を霧状にして吹き付けるものです。要は液体。一気に吹くと塗料が厚く塗られてしまって垂れてしまうのです。スプレー塗装では最も気を付けなければならない点ですね。
では実際に吹いてみましょう。
「水性」のスプレーは乾くのに時間がかかります。実際乾くのにどれくらいかかるかわからなかったので1時間ほど乾かしました。その後、2度目のスプレー。でもって半日放置しました。

仕上がりはこの通り。

左がトップコートを吹いたものです。
なにこれすげえ。見事につや消しになっています。ここまでとは、、、。トップコートではなく、別の塗料を塗ったみたいです。

で、全部スプレーして組み上げたのがこちら。

見事にプラスチック感が消え、しっとりとした仕上がりになりました。うん。美しい!
でもよく見ると、肩のくぼみなどにつや消し材がたまってしまっています。やはりスプレーは難しい、、、。この後、1000番のペーパーでたまりを削り落としてやりました。

パチ組みにおいてはこれですべての作業が完了です。お疲れ様でした!!

次回からは合わせ目処理と筆塗り塗装編になります。最初にお断りしておきますが、筆塗りだとここまできれいに塗るのは至難の業です。私では無理ですね。でも頑張っていきます。

次回

プラモ作ろう ~ 塗装の基礎知識
前回パチ組みはパチ組みで楽しいのですが、塗装をするとより表現の幅が広がります。成形色以外のカラーリングを楽しむこともできますし、なによりスケールモデルには塗装が必須。ちょっとハードルがありますが、ぜひ挑戦していただきたい!...

コメント