プラモ作ろう ~ アオシマ1/12 HONDA TACT 後編

前編

プラモ作ろう ~ アオシマ1/12 HONDA TACT 前編
イマイ編今回はアオシマ製のTACTです。年式不明ですが、前回のイマイのものに比べ装備が増えています。まずはパーツはこれで全部。イマイより増加パーツの分を差し引いてもだいぶ多いですね。パーツ群をみると塗り分け...

はあ、、、。なんかもうどうでもよくなってきましたわ。まずはこちらをご覧ください。

はい。まっ黄ぃ黄ぃですね。デカールが完全に劣化している証拠です。ここまでのものは初めて見ました。祈る気持ちでデカール強化剤を塗布。なんとかなってくれよ、、、と思いながら前編の作業をしていたのです。
とりあえず糊は全部流れても構わないので、1分間水につけました。そして、そーっとスライドさせて、、、デカールびくともしません。やむなく力を入れてスライド。

台紙がやぶれましたよ。なんぞこれ?これは予想してなかったわ。
デカールそのものは生きていたので、完全に水没させて台紙を剥ぎ取りなんとかデカール確保!

貼らないほうがましですね。これ。まあせっかくなんで貼っときますが。
続けてメーター。これも同様の手を使ってなんとか貼れました。

ちょっと伸びてますが、これはあるとないので大違いなんで助かりました。

が、ここまで。

糊が完全に台紙に固着しちゃってます。デカールそのものの強度は確かに増してるんですが、糊がはがれないんじゃどうしようもない。結局残りは全滅。まず台紙が破れ、デカールにしわがより、最後にはやぶれてぐずぐず。私もぐすんぐすん。もうメーターが生きていたことに感謝しましょう。フロントのタイヤケース、すげえ寂しさを感じさせます。
はい。これにて38年物タクト製作おひらきおひらき。

ってこれで話は終わりません。これをたくと君に届けなきゃならんのです。さあ、輸送中に何が折れるかな♪
とりあえず手ごろな箱に手芸用の綿を詰めてくるんでやりました。が、ペキッて音が。何が折れたんだろう。もうわかりません。ちなみに綿393円。タクト1台より高いですね。


自分と同じ名前のバイク。今はわからなくても大きくなったら喜んでくれるといいなあ。

コメント