プラモ作ろう ~ スミ入れ

前回

プラモ作ろう ~ とりあえず完成
前回作り始めて気が付いたのですが、ポリキャップの説明してませんでしたね。すんません。 主にガンプラで使われる素材で、プラスチックより柔らかく弾力があります。関節部分に使われ、動きがスムーズになります。このポリキャップを使っ...

ガンプラにかかわらず、プラモデルには様々なモールドが施されています。
モールドとは、板と板の接合などを細いスジによって表現されたものです。凸モールドと凹モールドがありますが、最近のキットはほとんどが凹モールドです。
この凹モールド(以下モールド)に着色してキットをより立体的に強調ことをスミ入れといいます。

これがスミ入れ無しで、

これがスミ入れ有りです。

印象が全然違いますね。
今回はお手軽スミ入れとして、ガンダムマーカースミ入れ用(極細)を使ってスミ入れします。
あと必要なのはMr.カラーうすめ液です。うすめ液についても塗装編で説明します。ここでは消しゴムのようなものと思ってください。

なお、このガンダムマーカーですが、塗装したキットには使えません。使えないというより、失敗したら取り返しがつかないのです。詳しくは塗装編で説明します。
流し込みタイプのスミ入れについても後述します。

さて、今回のザク。モールドが腕と動力パイプのみです。もっとモールドが多いキットを選べばよかったですかね?
このようにモールドに直接ペンで着色します。

ありゃあ。はみ出ちゃいましたね。

でもご安心。うすめ液を綿棒にちょいとつけてふきふきしてやるとはみ出た部分はきれいになります。

この綿棒はこまめに交換してください。拭き取ったインクが綿棒にしみこんで、パーツにまた擦り付けてしまうのです。

あとは動力パイプにもスミ入れしてやって完成!

ぐっとプラモの表情が豊かになりました。私は塗装派なのでガンダムマーカーでスミ入れしたのは初めてなのですが、楽ですね。ただ思ったよりきれいに塗れてない、、、。慣れたらきれいに塗れるんでしょうか?

次回

プラモ作ろう ~ つや消し処理
前回ひとまず形になりましたが、あと何かが足りない。 表面がテカテカしてプラスチック感がリアルさをなくしてしまっています。 つやを消すか、逆に思いっきりテカテカにするかのいずれかでプラスチック感を消したいところです。 プラス...

コメント