プラモ作ろう ~ アラレちゃん ファンタジーライオン その3 アラレちゃん脚部と肌色

その2

プラモ作ろう ~ アラレちゃん ファンタジーライオン その2 アラレちゃん頭部、エポキシパテ
その1では早速製作にはいります。まずは頭から。人形は顔が命、といいます。じーっくり見つめ倒してどのように手を入れるか考えました。前回挙げた顔のラインは修正しないことにしました。修正後のイメージが全くわかないのです。アゴ脇を...

胴体に足をそのままつけたところ、ライオンの顔が隠れ気味になってしまいます。そこでエポキシパテを使ってもっと足を開かせてみました。

パテを作ってからすぐに造形します。大体の形が決まったら放置。んで、6時間ほど経ってからデザインナイフで調整です。大体予定通りになりました。が、色がバラバラなので、きれいにできているかどうかいまいちわかりません。そこでサーフェーサーを吹いてみました。
エアブラシ絶不調。ボタンが押しっぱなし状態。レバーを引いていないのにサーフェーサー噴出。あかん。これはあかん。年末にハンドピースを分解清掃したのですが、グリス類も全部拭き取ってしまったせいだと思われます。グリスなしでもなんとかなると思ったんだけどなあ。ダメか。取り急ぎヨドバシにメンテナンスキットを発注。翌日には届くって。助かりますほんと。
で、絶不調ながらも吹いてみた結果がこちら。

ガタガタですね。プラパテとやすりで修正が必要です。また、ベストのモールドが有って無いようなもんなので、掘りなおしたんですが、こちらもうまくいっていません。再度修正ですね。
また、頭部にもサーフェーサーを吹きました。

メガネがいい感じです。

髪の毛もいい感じです。

目のモールドが消えきっていません。再度パテ盛りペーパー掛けですな。

と、言ってる間にメンテナンスキットが届きました。ボタンにグリスを塗ってやってスムーズにボタンが押せるようになったのですが、ボタンを押しただけで塗料が吹けてしまいます。メーカーに問い合わせたところ、ニードルが摩耗している可能性が高いとのこと。そんなに使ってないのになあ。まあとりあえず注文します。
何度もやすり掛け、ペーパー掛け、サーフェーサー吹きを繰り返してようやく多少は見られるようになりました。写真を撮るのは忘れてました。
で、本塗装。肌色(キャラクターフレッシュ(1))をふいてやりました。

なんかイメージしている肌色とは随分、、、。これ、薄い黄土色だよなあ。で、写真を見て気が付いたんですが、アラレちゃんの口元に粒が。人形は顔が命!塗りなおしちゃる。もう1色キャラクターフレッシュ(2)っつうのも買っといたんですが、これは明らかにピンク過ぎ。関羽じゃないんだから。よって(1)と(2)を1;1で混ぜて塗装してみます。

まだ赤すぎだ。でもさっきよりは肌色感でてます。ライオンに乗ってるってことはペンギン村のサバンナ地方にいるんだろうから、日焼けしたっちゅうことにします。ロボットなのに日焼け?ロボットだって日焼けぐらいします!センベエ博士のテクノロジーを甘く見ちゃいけません。
ふう。なんとかここまでたどり着いた、って感じです。まだまだ序盤戦のはずなんですけどね。さらっと書いてますけど、足、えらい大変だったんですよ。なんせ、パーツ色、エポキシパテ色、プラパテ色が混在してるんで、仕上がり具合がサーフェーサー吹いてみるまでわからない。で、吹いてみて粗がでてやり直し。削ってやすりかけてペーパーかけての繰り返し。みんなほんとにこんなことしてるの?マジで?改造する人ってすげえよなあ。そんな世界に足を踏み入れちゃったんですね、私。

その4

プラモ作ろう ~ アラレちゃん ファンタジーライオン その4 アラレちゃん完成
その3肌色塗り終わったらなんかテンション上がっちゃって、一気にアラレちゃん完成させちゃいました。もう色塗るの楽しくって、止まんなくなっちゃいました。苦労したのは目。目を塗るために筆2本買っちゃいまし...

コメント