プラモ作ろう ~ とりあえず完成

前回

プラモ作ろう ~ パーティングライン消しと組み立て
前回まずは説明書をよく読みましょう。 パチ組みの場合は説明書の順番通りに作っていけばよいですが、塗装する場合は同じ色のパーツを一気に塗ってしまうことがありますので、すみずみまでしっかり読んで工程を頭に入れましょう。...

作り始めて気が付いたのですが、ポリキャップの説明してませんでしたね。すんません。
主にガンプラで使われる素材で、プラスチックより柔らかく弾力があります。関節部分に使われ、動きがスムーズになります。このポリキャップを使っていない関節だとギチギチに固すぎたり、逆に緩すぎてポーズがとれなかったりしてしまいます。
私の古い記憶だと、一番最初にポリキャップが使われたのはガンダムではなくって「銀河漂流バイファム」のキットだったはずです。作った時には目に鱗。なにこれすげえ。みんな関節には苦労してたのですよ、あの時代。
バイファムは名作ですよ。特に前半。これもバンダイチャンネルで見られるそうです。正直ガンダムより好き。バイファム語ると長くなるのでこのへんで。
そして作例でも紹介したガンダムユニコーン。これには何故かポリキャップが使われてません。
一体なぜ?腰の関節がふにゃふにゃで銃を構えただけで、重心が前に行ってこれ 。

お辞儀しちゃうんです。こんなしょぼくれた格好じゃ的に当たるものも当たりませんよ。バンダイには猛省を促したい!

さてさて。
前回はマシンガン作ったところまででしたね。本体のザクも同じ要領でサクサク組んでいきましょう。ゲート処理があるので、そこそこ時間はかかると思いますが、パチ組みですので1日もあれば完成するでしょう。

これ両足ができたところです。スネと足首の接続にちょっと手間取りましたが問題なく進んでいます。この要領で進めていきましょう。

両腕

胴体

頭。後でまだいじくるためモノアイのシールは張ってません。

完成しました!ずいぶんあっさりと。

えー、パチ組みだとゲート処理とパーティングライン処理以外特筆することがないんですよ。簡単にできちゃいます。バンダイ驚異の技術力で。
かっこいいですね。アニメのスタイルを忠実に再現しているキットだと思います。
まだ少し手をいれますよ~。

次回

プラモ作ろう ~ スミ入れ
前回ガンプラにかかわらず、プラモデルには様々なモールドが施されています。 モールドとは、板と板の接合などを細いスジによって表現されたものです。凸モールドと凹モールドがありますが、最近のキットはほとんどが凹モールドです。 こ...

コメント