プラモ作ろう ~ 初ジャンル 1/48 AREA88 F-20 タイガーシャーク その4

その3

プラモ作ろう ~ 初ジャンル 1/48 AREA88 F-20 タイガーシャーク その3
その2前回全体の塗装まで終わったので、デカール貼りから始めます。通常、私は基本的に全部完成してからデカールを貼るのですが、今回は白と青の境目に線を入れるデカールがあります。普段とは逆にデカールに合うよう塗装する必要がある訳...

青の部分に白が流れ込んでいる箇所を見落としていました。

筆塗りでちゃちゃっと対処。毛細管現象怖ぇ。っつーかこんなでかいの見落とすな、って話ですよね。
ドロップタンクとミサイルもちゃちゃっと処理して接着。わりとあっさり着きました。重いパーツがぶら下がるんで苦労するだろうと思ってたんですが。ただし、ドロップタンク小のマウントパーツの溝が細すぎて接着不可だったので、溝を鉄やすりで広げてやってます。

んで、キャノピーに糊で金属パーツくっつけて、キャノピー自体も糊で装着し完成です。

終盤は細かいトラブルはあったものの特筆すべきこともなかったので、記事があっさりめになりました。

と思ったら下面にクリアパーツを付けるの忘れてました。塗装の指定はないのですが、使用カラーにはクリアーレッドとクリアーブルーと書いてあります。どっちがどっちの色かわかりませんので、雷電と同様に上から見て左を赤にしてやりました。


まあ、なんというか、かっちょええ!小さ目な機体に分類されるのですが、

雷電と比べるとはるかにでかい。作り甲斐がありました。キットのできは当初危惧していたよりはましでしたね。これはないだろ、って点がない訳じゃありませんが、完成状態は美しいです。カラーリングも派手な機体なんで目を引きますね。なんつってもユニコーンがかっちょええ。
今回の点数は85点。減点ポイントは、マスキング失敗して青の上に白を塗る羽目になったせいで、きれいに発色していない部分があること、水平尾翼左が密着できてなかったこと、キャノピーのマスキングに手を抜いたこと、ですかね。色々とトラブルありましたが十分合格点です。予想以上の仕上がりですわ。
現用機も楽しいですね。F-14作るのも楽しみになってきました。世界がちょっと広がったような気がします。私自身のスキルもこの1年で随分あがったんじゃないかと思わせる制作でした。
んじゃ、お疲れでしたー。

コメント