プラモ作ろう ~ パーティングライン消しと組み立て

前回

プラモ作ろう ~ ゲート処理
前回最初にお断りしておきますが、今回作る1/144ザクはパチ組みには向いていません。パーツとパーツを組み合わせると合わせ目がでてきてしまうんです。この合わせ目はきちんと処理しても消えません。塗装するしかないのです。 では、...

まずは説明書をよく読みましょう。
パチ組みの場合は説明書の順番通りに作っていけばよいですが、塗装する場合は同じ色のパーツを一気に塗ってしまうことがありますので、すみずみまでしっかり読んで工程を頭に入れましょう。

パーツを切り出して、ゲート処理。パーツを切り出して、ゲート処理。パーツを… 
そんでもって切り出すパーツが揃ったら説明書通りに組み立てます。特に難しいことはないですね。ゲート処理が面倒なだけで。その面倒さもパーツが組みあがったら吹き飛びます。こつこつと削って、組んでいきましょう。
説明書1番、ザクマシンガンの組み立て。なんで1番先に作るのが武器なんでしょうかねえ?

マシンガン本体を切り出して、よく見ると真ん中に1本線が浮き出ています。

これはパーティングラインというもので、プラモデルを生産するときにできてしまうでっぱりです。なんでできるかは省きますね。
邪魔な線なので、前回紹介したカンナがけで削ってやりましょう。わりと簡単に消えますが、処理した部分もつや消し状態になってしまいました。


カンナがけのコツはかるーく刃を動かすことです。キットに刃を食いこませないようスーッと、何回かにわけて削る感じで。
カンナがけの難しい曲面はペーパーがけで対応しましょう。

さて、マシンガンの完成です。写真撮りながらの作業でしたので1時間ちょっとかかってしまいました。

このように合わせ目が残っていますが、今回はパチ組みなので目をつぶります。


こんな太い線よりパーティングラインのほうが目立たないじゃん。と、当然思われるでしょう。ですが前にも書いた通り、合わせ目がでないキットもあるのです。練習のために消したと思ってください。
実際、このキットをパチ組みで完成させた後、ばらして本組みする予定ですので今のうちに消しておきました。
なんでせっかく完成させたのにそんな面倒くさいことすんのよ?、、、予算の関係です。ごめんなさい。

次回

プラモ作ろう ~ とりあえず完成
前回作り始めて気が付いたのですが、ポリキャップの説明してませんでしたね。すんません。 主にガンプラで使われる素材で、プラスチックより柔らかく弾力があります。関節部分に使われ、動きがスムーズになります。このポリキャップを使っ...

コメント