プラモ作ろう ~ デカール修正・・・カタナカスタム

前回

プラモ作ろう ~ バイクキット・・・カタナカスタム
前回今回バイクのキットを制作するわけですが、基本的に今までのガンプラや飛行機のテクニックで制作できます。今までと異なる点は2点。 ・実物が存在し、資料も豊富にあること。 要するに、実物を見ようと思えば写真を含め、容易に見れ...

結局買っちゃいました。

はい。同じキットですね。デカール欲しさにもう1台。こいつは今度赤銀で作ってやりましょう。
問題はデカールの鮮度。試しに余りデカールでテストしたところ非常に良好。

やっぱデカールって奴ぁこうでなくっちゃいけねえ。万一鮮度が悪かったときの為にこれを買っといたんですが、杞憂に終わりました。

前回ちょっと触れたデカール補強材です。これのレポートもするつもりだったんですが、出番があるときにします。スケールキット組んでりゃ必ず出番があるはずです。
デカール貼りなおすためにエナメルうすめ液で吹いてしまったクリアーを拭き取ります。で、ベロっと剥がれる、と思ってたのですが、全然剥がれねえ。貼り付けはあんなに手こずったのに全然剥がれねえ。しょうがないので、ピンセットでコスリコスリしてやったらボディに傷が。

左はもっと傷だらけになったんで、1000番のペーパーかけてデカールを削り落とし再塗装することにしました。

SUZUKIの文字が入ってないカタナは地味ですね。で、水に浸して15秒、待つこと2分。なーんの苦労もなく貼り付けできました。


1日ほど放置して、後でエナメルクリアーかけといてやりましょう。やっと完成です。
点数大幅アップして+35点の75点です。マイナスポイントはタンク以外のデカール。リヤショックのデカールはなかったことにしましたし、カーボンサイレンサーはしわ寄っちゃってるし。他は特に失敗点等ないんですけど、逆に加点すべきポイントもない。普通にできちゃった。友人に写真を見せたところ、「雑。足回りとかもうちょっとなんとかならんのか?暇人だろお前?」とか地味に凹む評価をいただきましたんで、自戒を込めて合格点以下にしときます。何をどうせいっちゅーねん。
赤銀も早めに作ろっと。

コメント