プラモ作ろう ~ MAX塗り その1

今回はMAX塗りに挑戦しようと思います。ただ、初挑戦なのと結構難易度高いんで、失敗は覚悟の上だっ!
んで、MAX塗りって何よ? 「黒立ち上げ塗装」というものの一種で、下地に黒もしくは濃いグレーをぬり、その上に塗装する方法です。具体的に言うと、黒の上に隠蔽力の弱い色はなかなか発色しません。それを逆手にとって、発色しない暗い部分と、重ね塗りして発色させた明るい部分を同色でグラデーションさせてやる手法です。主にエッジを暗くして強調させるのが一般的なようですね。ま、ちょっと「MAX塗り」でグーグル画像検索してみてください。立体感が増しているのがわかるかと思います。
今回の素材はこれだっ!

1/100 MG ジオング です。こいつをどう料理しよっかなー、普通に作るとスカートがのっぺりするだろーなー、と考えていたところ、MAX塗りでスカートにディティールつけてやればいいんじゃね?と閃いちゃった訳です。あ、当然劇場版3は見てますよね?通ってる整骨院で、ジオング作るって話をしたら速攻で、壊しましょう!顔なんかも溶かしちゃって!なんて意見を頂きましたが、このジオング友人からプレゼントされたものなんで、いくらなんでもそりゃちょっとね。

早速作成開始です。説明書の順番通りまずは両腕から作ります。が、フレームを切り出して塗装しようとしたところエアブラシが不調。レギュレーターが働きません。常に風力MAXです。MAX塗りってそういうことじゃないんだよね、と一人突っ込みいれながら塗装していきます。これ書いている最中に原因が分かったので、次回分からはまともに塗装できるでしょう。つまりなにが言いたいのかというと、先に言っちゃいますが今回ははっきり言って失敗。以下、経緯を。
フレームはべた塗りなんで、そのまま塗装完了。次に上腕部が緑なんですが、緑を使うのはこことバーニアのみ。んじゃ、緑の部分は全部片づけちまえ、ってことで切り出し。
サーフェーサー塗ってこんな感じ。

で、下地色はガンダムカラーのファントムグレーを使いました。このカラー、黒すぎず、明るすぎずで最近のお気に入りです。なんか主張しない黒って感じで。

で、パーツの中央部分から塗りつぶしていくわけですが、風圧MAXのためエッジ部分まで塗料がまわってしまいました。しかも、緑って隠蔽力高いんですね。軽く吹いたところも色が乗ってしまいました。ぼかしにもならず、単にまだらに塗装してしまった感じになってしまいました。

エアブラシも復調したので、塗装し直しするかな?とも思ったんですが、幸いあまり目立たないパーツ群。失敗事例としてあえてこのままでいきます。


それにしても初めてトライする技術なのに、プラ板等で練習せずにいきなり実践に入りますかね?俺って奴ぁ。練習なんて全く考えてもいませんでしたよ。私らしいというかなんというか。
次回、頭部アンテナの赤とかもMAX塗りする予定です。多分汚い仕上がりになると思いますが、っつーかアンテナのような小さなパーツは普通に塗ったほうがよさそうな気がしますが、どんな感じで仕上がってしまうのか試してみたい気もするのでやっちまいます。

その2

プラモ作ろう ~ MAX塗り その2
その1相変わらずレギュレーターが不調です。結局最強設定で塗装する羽目になりました。 結果はこの通り。細かく塗り分けようとして塗料が垂れてしまっていたり、本来残しておきたかった下地にも塗装され...

コメント