プラモ作ろう ~ ゲート処理

前回

プラモ作ろう ~ 基礎の基礎
前回まずは基礎用語からいきましょう。・パーツ  説明の必要ないですね。プラモの部品です。 ・ランナー  まあ、プラスチックの枠組みですね。 ・ゲート  ランナーとパーツを繋ぐ部分です。 ・デカール...

最初にお断りしておきますが、今回作る1/144ザクはパチ組みには向いていません。パーツとパーツを組み合わせると合わせ目がでてきてしまうんです。この合わせ目はきちんと処理しても消えません。塗装するしかないのです。
では、どうすればパチ組みすればいいのよ?答えは簡単。合わせ目がないキットを作ればよいのです。1/100のMG(マスターグレード)モデルはバンダイ驚異の技術で合わせ目ができないように設計されています。バンダイすげえ。初めてMG作った時は本当に驚きました。
ただ、古いモデルだと一部どうしても合わせ目ができてしまう個所があったりします。その場合は諦めてください。
本ブログでは合わせ目処理して塗装まで行います。

さて今回のお題はゲート処理。ランナーからきれいにパーツを切り出す作業です。ゲート処理がいい加減だと目立ってかっちょええプラモも魅力半減です。丁寧に行いましょう。

まずはニッパーで、このようにゲートを残すように切断します。

ランナー部分を切ってはいけません。ランナーから切断すると、パーツに余計な力がかかって最悪他のゲートがちぎれたりすることがあります。
ニッパーを逆向きにしてもいいですよ。確実にゲート残りますし。


さて、無事パーツを切り出しました。


右側のゲートが白く変色していますね。(わかりやすくするため、わざとランナーを切断しています)これを白化といいます。プラスチックを切ったり強い力を加えるとこうなります。したがって、パーツとゲートを直接切るとパーツの切断面が白い跡ができてしまうのです。
体感ですが、薄いゲートを高性能のニッパーで切ると白化しにくいような気がします。
塗装するのであれば別に白化しても構わないのですが、パチ組みの場合は見苦しく見えてしまいます。
そこで、白化しない方法を。
パーツにゲートをほんのちょっと残して鉄やすりでゲートを削ってやるのです。これなら強い力はかかりません。


鉄やすりはすごい勢いで削れていくので、くれぐれも削りすぎにはご注意ください。
これは鉄やすりで削ったあとです。白化は起きません。ただ、削った傷跡が残ってしまってます。


この傷跡をペーパーがけして小さくしていきます。
ペーパーを小さく切ってこすりこすり。

これが400番をかけた後。


これが800番をかけた後。

これが1000番をかけた後。


指で触るとつるっつるで切断面がどこだったかもうわかりません。通常はここまでかければ十分なのですが、ペーパー跡がまだわかってしまいます。このへんで妥協するか、もっと細かいペーパーをかけるかですね。
ちなみにこれが1500番をかけた後、2000番をかけた後です。

ここまでくると傷跡、というより軽いつや消し、って感じですね。結局、どこで妥協するか?ということになります。
蛍光灯を消して室内照明だけだとこんな感じ。

ほとんどわからない、といっていいでしょう。自分で妥協ポイントを探してください。
塗装する方は、白化しても問題ないので、パーツにニッパーの刃をあてて切断してしましましょう。

くれぐれもパーツに傷をつけないように。それでもまだゲートがちょっと残るので、デザインナイフでカットしていきます。

くれぐれもパーツをえぐらないように。
また、うすーく削るにはこのようにデザインナイフをパーツに垂直にあてて上下に動かす方法もあります。

これをカンナがけといいます。
きれいに削り取ったら先ほどの要領でペーパーがけを行います。800番をかけて、指の腹で触って段差がなくなったら1000番をかけてやります。
ちなみに塗装編で説明しますが、サーフェーサーをかけるのであれば1000番は必要ありません。800番までで大丈夫です。
結構手間がかかりますが、きれいに仕上げるには必須の作業です。音楽でも聴きながら気長に処理していきましょう。

次回

プラモ作ろう ~ パーティングライン消しと組み立て
前回まずは説明書をよく読みましょう。 パチ組みの場合は説明書の順番通りに作っていけばよいですが、塗装する場合は同じ色のパーツを一気に塗ってしまうことがありますので、すみずみまでしっかり読んで工程を頭に入れましょう。...

コメント