プラモ作ろう ~ 基礎の基礎

前回

プラモ作ろう ~ イントロ
・ガンダムかっちょええ。 ・トム・クルーズが好きで、トップガンを見てトムキャットかっちょええ。 ・ガールズ&パンツァー見て戦車ってかっちょええ。 ・自分の乗ってる車がプラモデルあるぞ。 いろんなきっかけでプラモデルに興味を持った方、ウェル...

まずは基礎用語からいきましょう。

・パーツ
 説明の必要ないですね。プラモの部品です。
・ランナー
 まあ、プラスチックの枠組みですね。
・ゲート
 ランナーとパーツを繋ぐ部分です。
・デカール


 プラモデルに貼るシールと思っていただければ良いかと思います。
 今回作るザクには付いていません。写真は他のプラモのデカールです。
・素組み
 プラモデルを改造しないで作ることです。塗装はします。
 ただし、ガンプラ界では塗装しないで作ることも素組みというケースがあります。
・パチ組み
 ガンプラ用語です。今のガンプラは接着剤を使わずに作ることができるモデルが多いので、パーツ同士をパチンとくっつけることからパチ組みといいます。塗装はしません。

基礎用語はこんなもんでしょうか。専門用語がでれば都度説明します。

次はプラモを作る道具です。

・ニッパー


 パーツとランナーを切り離す道具です。これがないと始まりません。

 こういう刃が平たくなっていないニッパーは使えません。
 高級なニッパーは特に必要ないと思いますが、プラモ用のニッパーは切れ味もよく、軽く、小型なので作業しやすいです。
 プラモを作らなくなっても足の爪切るのに便利です。
・デザインナイフ


 普通のカッターナイフに比べて作業が格段に容易になります。切れ味もいいですしプラモを趣味とするなら必携です。
 私はタミヤのモデラーズナイフを使っています。そんなに高いものでもないので投資と思って買っとくが吉です。
・接着剤


 必ずプラモデル用の接着剤を使ってください。プラスチックを溶かして接着するので、引っ付きやすいのです。普通の接着剤はいわば糊のようなものなので、何のメリットもありません。瞬間接着剤はたまに使うことがあります。
・パテ


 乾くとプラスチックになる粘土のようなものと思ってください。パテにはプラモ用以外にもエポキシパテ、ポリパテなど色々種類がありますが、このブログでは特に明記しない場合、プラモ用パテのことを指すことにします。
 パーツ同士を接着した際、隙間ができることがあります。この隙間に埋め込んできれいにします。
・溶きパテ


 液体のパテです。必需品ではありませんが、隙間が極小さいときに重宝します。
・ペーパー(耐水ペーパー)


 紙やすりです。400番、600番、等と番号が振ってあります。数字が低いほど目が粗く、高いほど細かくなります。はじめは400番と800番と1000番があれば十分です。
・鉄やすり


 ざくざくとパーツやゲート、パテを削りたいときに使います。
・ピンセット
 

特にスケールモデルは細かいパーツが多いです。普通に売ってるピンセットで構いませんが、先のとがっているものがよいでしょう。
・ピンバイス


 超小型のドリルです。あまり出番はありませんが、飛行機プラモなんかで利用することがあります。逆に飛行機以外では使ったことがないので、必要になったら買いましょう。

とりあえずこれだけあればガンプラもスケールモデルも作れます。
塗装に必要な道具は塗装編で説明しますね。

プラモを作る前に
・換気のできる場所で作業しましょう。パチ組みでは必要ではありませんが、接着剤や塗料にはシンナーが含まれています。健康にも悪そうですし、なにより臭い。そういった意味ではプラモは、冬はシーズンオフですね。寒いもん。
・ペットや子供には注意しましょう。小さなパーツ口に入れちゃったりとか危ないですし。私は一人暮らしなので心配ないのですが、実家に置いてあった大和のプラモ、甥っ子に壊されました。1か月かけて作ったのに、、、。
・まずは部屋の掃除をしましょう。製作中にうっかりパーツを吹っ飛ばしてしまうことがあります。部屋が散らかっていると探すの大変。いやほんと。何度半べそかきながらどっかいったパーツを探したことか。
 また、塗装する場合、埃は厳禁です。塗料が乾かないうちに埃がつくと最悪です。何度半べそかきながら塗りなおしたことか。
・暇つぶしのものを用意しましょう。暇つぶしのためにプラモ作るのに暇つぶしってなんやねん。と思われるかもしれませんが、プラモデルは「乾かす」ということが重要です。接着剤やパテ、塗料が乾くのに結構時間がかかります。その間、暇なんですよ。なんかゲームやるもよし、ネット見るもよし、勉強するもよし。
・BGMを聞きながら作業するとよいです。テレビを見ながらの作業はお勧めできません。注意がそっちにいって、作業がとまったり。逆に、手元が狂ってにペーパーかけすぎちゃったり。私の場合は何故か中島みゆきを聞くと創作意欲があがります。いや、中島みゆき大好きなんですけど。中学生のころ、中島みゆきのオールナイトニッポンを聞きながらプラモ作ってたせいですかねえ。

次はいよいよ制作編にはいります。

次回

プラモ作ろう ~ ゲート処理
前回最初にお断りしておきますが、今回作る1/144ザクはパチ組みには向いていません。パーツとパーツを組み合わせると合わせ目がでてきてしまうんです。この合わせ目はきちんと処理しても消えません。塗装するしかないのです。 では、...

コメント