喜ばしい

昨日、友人とダイバーシティへ等身大ユニコーンガンダムを見に行ってきました。でけえ!光る!動く!早く実用化されないかなw。んで、ガンダムベースにも行ってきました。ガンプラが2000種類以上販売されていて、美しい作例もずらりと展示されているガンプラ小僧には夢のような場所です。2,3時間はいたでしょうか。ここに行くのは2回目だったんですが、やっぱり楽しい!なんか、ディズニーランドの年パスを買う人の気持ちがわかるような気がしました。
で、「俺、こんなふうに作れるようになるのはいつのことなんだろうなあ、、、。そもそもこの境地の入り口に立てるんだろうか?」と何故かちょい凹みつつ自宅に帰宅すると、ドムをプレゼントする友人Tからメールが。
「すばらしい!!、予想以上だわ。汚しのおかげで一気に樹脂っぽさが抜けて鉄っぽくなったね!わざとらしすぎないのもいいわ。」
お褒めいただき、うれしい限り。自分の作品が評価されるのってほんと嬉しいですよね。基本、プラモデル作りはコンテストなんかに出品でもしないと、周りの目に触れることもないので褒められることもあまりないわけです。ちと寂しい。で、こんなメールをいただき、舞い上がってる訳です。褒められると木にでも登っちゃう性格なんで。言ってくれればなんでも作るぞ!
時系列はずれますが、ダイバーシティに一緒に行った友人、高校生なんですが、先日バイトの初任給でこれとこれをプレゼントしてくれました。

ジオングとガンダムVer.2。ジオングは私が40年近く前に初めて買ってもらったプラモデルです。いやあ、嬉しかったですね。初任給でプレゼントしてくれる心意気。おっちゃんちょっと泣きそうになっちゃったよ。こりゃもう私のもてる技量のすべてを叩っこんで作るしかねえ!まあ技量的には大したことないんですが、新しいテクニックにどんどん挑戦していきたいと思います。

別の友人から、「お前のブログを全て読んでやった。苦行だ。もうちょっとサイト構成とかなんとかならんのか?読みづらくってしょうがねえ。文章ばっかりで写真も少ねえし。」と厳しいお言葉をいただきました。うーん。やっぱり見づらいか。私もなんとなくそんな気はしてたんですが、、、。正直、その辺のセンスって皆無なんですよね。これもおいおいと手をいれていきますか。

コメント