プラモ作ろう ~ ドライブラシ

前回

プラモ作ろう ~ ダメージ処理
前回前回、適度に薄汚れたドムが仕上がった訳ですが、 「ただ、そろそろ実用に耐えませんって感じでなくて、廃棄が近いとはいえ「まだだ、まだ終わらんよ!」て感じは失わずに頼む。」 と、友人からメールが。またまた難しい注文が入りま...

汚し塗装には様々な手法があります。このドムを制作するにあたって色々と調べてたんですが、ほほー、こんな方法もあるのかー、と勉強になりました。しかし、当然いままでやったことのない塗装。しかもエナメル塗料でフィルタリングを行ったので、失敗するとまたフィルタリングからやり直しになる。っつーわけで、今回は経験のあるドライブラシでの塗装剥がれ表現のみ行います。人にあげるものだし、あんまりでたとこ勝負はしたくねえです。そのうち色々と挑戦しようっと。
塗装剥がれ。本物?のモビルスーツも塗装してあるわけです。TV版のファーストガンダムでカツ・レツ・キッカがペンキ塗ってましたし。塗装は擦れたりすると徐々に剥げてきます。これをプラモデルでも表現しようということです。
塗装の剥げやすいところ、擦れる部分とあとはエッジですね。この部分の塗装を剥いでいきます。塗装を剥ぐ、といっても本当に剥ぐわけではなく、下地の金属色を不自然な形にならないよう露出した感じに塗装します。

さて、ドライブラシについて。
要するに、乾いた(ドライ)筆(ブラシ)です。筆に塗料を付けて、紙などで余分な塗料を徹底的に拭き取って、筆にほんの少し乾いた塗料をなすりつける手法です。ドライブラシだと、塗装がべりッと剥がれた感じではなく、擦れて剥げた感じになります。また、剥がれ表現ではなく汚し塗装やディティールに明暗をつけたいとき等にも有効な手法です。
さて、ドム。こいつの下地金属は黒鉄色のイメージなんですが、黒に黒鉄色を塗っても目立たない。なので、銀色にほんのちょっとグレーを混ぜた色っちゅうことにします。こいつとこいつ。

では実践。

筆はなるべく硬いもののほうがやりやすいです。 筆に塗料をつけたら、紙に塗料をこすりつけます。

色がほとんど紙につかなくなったらエッジ部分にかすかに残った塗料をなすりつけます。

すると、このようにかすれた感じで塗料が乗ります。

これを剥げ表現したいところに乗せていきます。今回のオーダーではくたびれた感じ、ということで、全身全てのエッジに対して派手目にかけてやりました。あと前回、穴をあけた部分は同色で普通に塗っときました。
で、仕上がったものがこちら。

危惧していた通り、下半身がなんかのっぺりとした印象を受けますね。ふくらはぎ部分にスジ彫りをいれてやったらかなり印象が変わってたと思います。まあ、スジ彫りの道具は持ってないのでどうしようもないですが。今度買おう。

結構長いことかかった、くたびれたドム、完成です。友人Tよ。こんなもんでどうだい?
今回はエアブラシ、フィルタリング、ダメージ処理、ドライブラシと盛りだくさんでしたがいかがだったでしょうか。エアブラシ欲しくなってきたでしょ?エアブラシはきれいにべた塗りできるだけではなく、様々な使い方ができます。ぼかし塗装だったり、ピカピカ塗装だったり。
また、汚し塗装もフィルタリングとドライブラシだけではなく、まだまだたくさんの手法があり、表現の幅もまだまだぐっとあげることができます。またの機会に紹介することにします。
今回の点数は90点。かなり満足のいく仕上がりとなりました。減点ポイントとしては、やはり下半身ののっぺり感と、ドライブラシを行う際、筆に塗料が残りすぎていて、べたっとなってしまった部分があることですね。
お疲れっしたー!俺!

コメント